ごみステーション用大型・屋外・分別ごみ箱のことなら安藤鋼機(株)

ごみステーション用ごみ箱を製造・販売。
47都道府県でご使用いただいております。

  • まずはお気軽にお問い合わせください!TEL 025-362-5010

トップページ > 会社案内

会社案内 - 私たち安藤鋼機株式会社は、社会の環境と安全の向上に貢献します。

ごあいさつ

「製・販・技」一体となった「モノづくり」を日夜追い求めて

 日本経済が高度経済成長第二期(輸出・財政主導型)に突入したと言われる頃の1967年(昭和42年)11月11日、我社はこの地において創業致しました。
東京オリンピックの終了後約3年が経過し、右肩上がりに国内経済が成長していくなかで、とにかく 「モノ」 が不足し、 「モノ」 を作れば飛ぶように売れていく時代であったと認識しております。当時、我社を取り巻く環境においても、同様に活況を呈しておりました。
「木造住宅の新築工事、土木・公共工事ラッシュで、我社の製造するワイヤーメッシュ(溶接金網)他製品は、作れば作るだけ売れた。」 「国内製造業の大半が輝いていた良き時代であった。」と、先代の社長(現取締役会長)よりことあるごとに聞いておりました。

それから約28年後の1995年(平成7年)5月1日、私は入社致しました。
その頃、我社を始め国内製造業を取り巻く環境は一変しており、 「モノ余り」 の時代、 「バブル経済崩壊期(平成不況)の真っ只中」 でありました。それまでの我社は、 「製・販・技」 のうちの 「製」 、即ち、 「モノづくり」 のみに注力しておりましたが、そのことに強烈な危機感を抱いた私は、
「 販 」 … 自社のオリジナル(オンリーワン)商品の販売・全国展開
「 技 」 … 自社の設備と技術を利用したオリジナル(オンリーワン)商品の開発
と定義付け、その注力に大きく経営の舵を切りました。

その後は、計3点の特許商品の開発・販売、計4回の全国規模の展示会への出展、全国(特に関東地区)の販売代理店網の構築などを経て、今日に至っております。
今後とも我社は、絶え間なく変化する 「時代のニーズ」 に応えるべく、 「製・販・技」 の三位一体のもと、 「お客様の喜びを会社成長の糧」 として、社員一丸となって鋭意邁進していく所存でございます。

安藤 政明
安藤鋼機株式会社
代表取締役
安藤 政明

企業理念

我社は、自社のオリジナリティ溢れる商品やサービスを広く社会に提供し、社会の環境と安全の向上に大きく貢献し、更にそれによってもたらされるお客様の喜びを、会社成長の糧とする。

会社概要

会社名 安藤鋼機 株式会社 (アンドウコウキ カブシキガイシャ)
所在地 〒950-1241 新潟県新潟市南区下塩俵330番地
創業年月日 1967年(昭和42年)11月11日
設立年月日 1987年(昭和62年)9月3日
資本金 10,000千円
従業員数 12名
役員 代表取締役 安藤 政明
取締役会長 安藤 政治
主要取引先
  • 官公庁、一般顧客
  • 新潟鋼機株式会社
  • 株式会社本宏製作所
  • シマト工業株式会社
  • 鈑金工業株式会社
  • 明和工業株式会社
主要製品
  • 屋外用ごみ箱(折畳み式ゴミカゴ、折畳み式ゴミ収納枠)
  • コンクリート二次製品用溶接金網
  • ロールボックスパレット(カゴ台車)用溶接金網
  • ベッドマットレス支持用溶接金網
  • 店舗什器用メッシュ
工業所有権

権利存続中の工業所有権

  • 特許第3976098号「防犯用遮蔽装置」

過去に登録になった工業所有権

  • 存続期間満了:特許第2737648号「折畳み式ゴミカゴ」
  • 存続期間満了:実用新案登録第3033870号「折畳み式ゴミ箱」
  • 存続期間満了:商標登録番号第4086929号「ジオメッシュ」
  • 権利抹消  :特許第2890395号「溶接金網とその製造方法」
  • 権利抹消  :意匠登録第1043894号「金網」
  • 権利抹消  :類似意匠登録第1号、第2号「装飾用網」
取引銀行 大光銀行 大野支店 / 第四銀行 大野支店
工場敷地面積 4,654.99m²(1,408坪)
  • 本社工場(延床面積1,804.21m²(328坪))
    本社・第1工場(延床面積1,804.21m²(328坪))
  • 第2工場(延床面積863.24m²(261坪))
    第2工場(延床面積863.24m²(261坪))
住宅型有料老人ホーム「十季のあかり白根」
住宅型有料老人ホーム「十季のあかり白根」

沿革

1967年(昭和42年)11月11日 初代 安藤政治が「安藤鋼機」を創業。
1983年(昭和58年)12月 本社・第1工場を新設。
1984年(昭和59年) 8月 本社・第1工場の一部増築および本社事務所を新設。
1987年(昭和62年) 9月3日 「安藤鋼機株式会社」を設立。
1989年(平成元年)11月 NC金網マルチ溶接装置(NCマルチスポット溶接機1号機)を導入。
1992年(平成 4年) 8月 本社工場隣接地に第2工場を新設。
1994年(平成 6年) 4月 自社ブランド商品「折畳み式ゴミカゴ」を開発。全国一斉販売を開始。
1997年(平成 9年) 3月 NC高速金網マルチ溶接装置(NCマルチスポット溶接機2号機)を導入。
1998年(平成10年) 1月16日 自社ブランド商品「折畳み式ゴミカゴ」を特許登録(特許第2737648号)。
1998年(平成10年)10月 幕張メッセにおいて開催された日本最大級の廃棄物処理・再資源化展
「ウエステック’98」に、特許商品「折畳み式ゴミカゴ」他を出展。
1999年(平成11年) 2月26日 「溶接金網とその製造方法」を特許登録(特許第2890395号)。
1999年(平成11年) 6月 特許商品「折畳み式ゴミカゴ」他ごみ箱が累計で47都道府県に納入される(47都道府県を制覇!)。
1999年(平成11年)11月 幕張メッセにおいて開催された日本最大級の廃棄物処理・再資源化展
「ウエステック’99」に、特許商品「折畳み式ゴミカゴ」他を出展。
2001年(平成13年)11月 同上の「ウエステック2001」に、特許商品「折畳み式ゴミカゴ」他を
出展。
2004年(平成16年) 5月 東京ビッグサイトにおいて開催された「2004 NEW環境展(N-EXPO 2004)東京会場」に、特許商品「折畳み式ゴミカゴ」他を出展。
2007年(平成19年) 6月29日 自社ブランド商品「瞬間防犯バリア」(防犯用遮蔽装置)を特許登録(特許第3976098号)。
2011年(平成23年) 4月 二代目 安藤政明が代表取締役に就任。
2011年(平成23年)10月 特許商品「折畳み式ゴミカゴ」他ごみ箱の累計販売台数が2万台を突破。
2013年(平成25年) 7月 1日 会社遊休地に住宅型有料老人ホーム(デイサービスセンター・ヘルパー
ステーション併設型) 「十季のあかり白根」を新設。

品質・環境規格

品質規格
ISO9001認証取得企業様との長年のお取り引きを踏まえ、自社独自の品質管理体制を構築しております(品質検査チェックシート、基本QC工程表の適宜運用など)。

主要設備

主要設備名 台数 型式・能力 メーカー名
NC高速金網マルチ溶接装置 1 SY-CG45 山陽電機(株)
NC金網マルチ溶接装置 1 SY-CG50 山陽電機(株)
簡易マルチスポット溶接機 4 SYA3他 山陽電機(株)
自動矯正切断機 5 TG-3AL他 (株)高島高速度直線機製作所
スポット、プロジェクション溶接機 12 YR1005JE9他 パナソニック、ダイデン他
空圧式バット溶接機 2 BHA25他 日本溶接機(株)他
クランクプレス 5 60トン他 馬場鉄工(株)他
線材ベンダー 2 KBBU-2-1000他 (株)クニオキ他
シャーリングマシン 2 S-63他 高木機械工業(株)他
炭酸ガスアーク溶接機 1 YD-180-R5 パナソニック
金網用曲げ機 1 特注仕様 寺沢鉄工
材料切断機 2 ───── ─────

ページの上へ